街に映画館がなかったら…

大人になった気がした友達との映画鑑賞。

恋人との初めてのデート。

仕事を離れた自分だけの時間。

いくつになっても得られる新しい体験。

映画を観た後は街で食事を 

 

街の映画館は、幅広い世代のコミュニティの場。

ネットで事が済む、こんな時代だからこそ、

街に公民館的な映画館が必要と考えました。

 

それが、シアタードーナツ

シネコンでも、単館でもない、

第三の映画館。

コミュニティシアターです。

 

名人も共感したコミュニティシアターの取り組みとは!?

 

上映スケジュール

7月2日(金)〜7月28日(水)

1階シアター

10:50 むんじゅる笠(92分)
13:00 あこがれの空の下(101分)
15:10 人生フルーツ(101分)

 

2階シアター

11:10 天国にちがいない(101分)
13:30 戦火のランナー(88分)
15:20 わたしは分断を許さない(113分)

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

【豪華景品あり!シアド・SNSフォトコンテスト!開催中】

映画『天国にちがいない』上映@シアタードーナツSP企画♡

全カットがポストカードになりそうな映画『天国にちがいない』風な

フォトコンテストを開催します。プロ・アマ問いません!

作品を観た後に、

沖縄ならどんな風に撮れるかをイメージした写真をアップしてね。

1枚でも何枚でも何回でも構いません。

豪華景品とは?

A賞:「 #シアタードーナツ 映画鑑賞券」5名様

B賞:「 #トリップショットホテルズコザ 無料宿泊券」ペア1

C賞:「 #テシオ のソーセージ盛り合わせギフト」3名様

天国賞:「 #シアタードーナツ 映画鑑賞10本回数券」1名様

投稿はインスタグラム・ツイッター・フェイスブックで!

#天国にちがいない沖縄 」とタグつけして投稿してくださいね。

これ重要ね。

撮影場所はコザに限りません。被写体や場所にご迷惑がかからないよう、

SNS投稿に関する配慮をお願いいたします。7/31までのアップで終了。

受賞者の発表は81日以降で

シアタードーナツの公式ホームページにて。
https://theater-donut.com/

ちなみに審査員は以下の3

宮島真一(シアタードーナツ)

神山繁(トリップショットホテルズ)
https://koza.tripshot-hotels.com/

嶺井大地(テシオ)
https://tesio.okinawa/

【予告編】「天国にちがいない」

https://youtu.be/ZR6AS1wSJV4

【上映期間】
202173日(金)~728日(水)毎日11:10~

是非、期間中にご鑑賞いただき、
フォトコンテストにも気軽に参加くださいね!

沖縄の景色と記憶をみんなで共有したいです。

川の向こうは、とてもコワイ。らしい。

「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」

【内容】

町境である一本の川を挟んで〝朝9時から夕方5時まで″規則正しく戦争をしている二つの町。
川の向こうの町をよく知るひとはいない。だけど、とてもコワイらしい。津平町に暮らす真面目な兵隊・露木がある日突然言い渡されたのは、音楽隊への人事異動?!そんな中、偶然向こう岸から聞こえる音楽と出会い、その音色に心を惹かれていく…。一方、町ではある噂が広がっていて——。
川の向こうには何があるのだろう?〝わからないもの″を恐れる人々の一風変わった暮らしの中は、戦争・権力・男女・身体…どこにでもある、人類の絶えない悩みで溢れている。いつの時代でもない架空の町の小さな社会と、わたしたちの日常が地続きにあることを映し出す。数々の話題作を抑え、第21回東京フィルメックスで日本人監督作品としては初となる審査員特別賞に輝いた。

 

【上映期間】

7/29(木)〜8/18(水) ①11:00~  ②15:20~

 

  宮島から君へ

 

風と雑木林と建築家夫婦の物語

「人生フルーツ」

【内容】

1960年代、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自らが手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育て始めましたー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

【上映期間】

7/2(金)〜7/28(水) ①15:10〜
7/29(木)〜8/18(水) ①10:50〜

 

  宮島から君へ

僕はこの作品を観て、シアタードーナツで上映する映画は県民全員に観て欲しいという意識を持ちました。

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

何の変哲もない ちいさな小学校。
よくみると 無いものが たくさんあります。

「あこがれの空の下」

広い校庭もない。チャイムも鳴らない。 いろんな儀式も形式もない。 教科書も使わない。

そして この学校にしかないものも、 たくさんあります。
物怖じしないで発言し  どんなことでも話し合い
活き活きと 自然に伸びゆく子どもたち。
子どもたち 一人ひとりを見つめ、 一緒に歩む先生たち。
みんなを包んで  豊かに流れる時間。

考えてみれば、これって 本来は「あたりまえ」のこと。
「あたりまえ」って  とっても大事。

和光小学校に一年間通って撮影し、 そんな「あたりまえ」を見つめました。 ぜひご観覧ください。

ドキュメンタリー(101分) 2020年 日本

監督 増田 浩 房 満満

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

【上映期間】

7/2(金)〜7/28(水) ①13:00〜
7/29(木)〜8/18(水) ①13:10〜

  宮島から君へ

先生も生徒も、親も親戚も、地域の人も一緒に「考える力」を育みあう時間。
この作品を観ているあなたも一緒に「考える時間」を体験するだろうね!

「わたしは分断を許さない」

生粋の報道人、堀 潤が、あらゆる現場で共通に感じる“あること”。それは、“分断”の深まりである。堀が真摯に追いかけ続けてきた、東京電力福島第一原子力発電所事故後の現場をはじめとして、シリア、パレスチナ、朝鮮半島、香港、沖縄など、国内外の様々な社会課題の現場で生まれ、深まっていく“分断”。それはやがて、人々の心に癒しがたい猜疑と恐怖を生み、またたくまに差別や排斥を叫ぶ動きへと加速していく。そして、その結果深い痛みを負った、多くの罪なき人々の悲痛な訴えすら、その分断のために残酷な忘却と冷たい無関心にさらされるのである。なぜ、“分断”が生まれるのか?私たちは“誰”に分断されているのか?そして“誰”が人々に沈黙を強いるのか…?堀 潤は語る。「わたしには、どうしても許してはいけないと感じるものがある。それは“分断”だ」と。

ドキュメンタリー(105分) 2019年 日本

監督・撮影・編集・ナレーション : 堀 潤


ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!

https://tsuku2.jp/theado-okinawa


【上映期間】

7/2(金)〜7/28(水) ①15:20〜

  宮島から君へ

空気を読んだつもりで正解だったり、不正解だったり。
鈍感なおかげで助かったり傷つけてしまったり。
難しいよな。。。
素直に助けて!と言いやすい半径(友達・恋人・家族・職場)の存在を作って(作ってあげて)からの寄り添いや、支え合える関係性がないと希望は生まれ難い。
主語が大きいより、小さい方が物事の本質を語り易くなるはずだと。
映画『わたしは分断を許さない』は教えてくれる。

麦は笠を待つ、笠は麦を待つ

「むんじゅる笠 〜瀬底島の笠〜」

「むんじゅる」とは沖縄の方言で麦わらのこと。麦わらで作られた日よけの笠が「むんじゅる笠」である。かつては、農作業に使われていたという。野良笠として愛されてきたむんじゅる笠は、今では琉球舞踊の小道具として、わずかに命脈を保っている。 沖縄県本部町瀬底島でかつて盛んだったむんじゅる笠づくり。大城善雄さんは、島唯一人のむんじゅる笠の作り手であり、島の男の神人(かみんちゅ)である。海燕社は善雄さんのむんじゅる笠づくりを、2016年から5年間、撮り続けてきた。 この作品は、善雄さんの野良笠と踊り笠(琉球舞踊「むんじゅる」)の製作工程と瀬底島の神事、むんじゅる笠と共に生きた島の暮らしを描いたドキュメンタリーである。

ドキュメンタリー(92分) 2021年 日本

監督 城間 あさみ

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

7/2(金)〜7/28(水) ①10:50〜
7/29(木)〜8/18(水) ①15:10〜

 

  宮島から君へ

僕らは、沖縄の知らない事が沢山ある。とても大切な事。むんじゅる笠の存在を知るだけで沖縄の景色の見え方が変わる。丁寧に、祈るように、島に生きる時間。観終わった後に温かな気持ちを込めて拍手を送ったよ。この作品もまた沖縄県民全員に観て欲しい。

「天国にちがいない」

ナザレ、パリ、ニューヨークと、ひとりの男の極私的な旅路を、その地独特の街並みや慣習を美しく軽やかに演出。気品あふれる映像美に酔いしれる。あくまでエレガントなタッチを崩さず、「パレスチナ問題」をユーモラスに演出。だがそこには、監督の強烈な政治的メッセージが込められている。英語、フランス語、アラブ語、スペイン語、ヘブライ語……あらゆる言語が飛び交う旅を通して、この世界に生きる全ての人に根源的な疑問を投げかける意欲作であり、パレスチナへの愛と苦悩、そして世界の混迷と人間の愛おしさを軽やかな映像美で描く名匠エリア・スレイマン10年ぶりの新たなる傑作である。

コメディ・ドラマ(102分) 2019年 フランス・カタール・ドイツ・カナダ・トルコ・パレスチナ

監督・脚本・主演 エリア・スレイマン

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

7/2(金)〜7/28(水)  ①11:10〜
 

 

  宮島から君へ

 

僕は今日も走る。希望を届けるために。

「戦火のランナー」

戦争の続いていたスーダン。8歳のグオル・マリアルの命を守るため、両親は苦悩の末、彼を村から逃がした。しかし、戦場をさまよい歩くグオルは武装勢力に捕まってしまう。走って逃げることに成功し、難民キャンプで保護された彼は、幸運にもアメリカへ移民するチケットを手にする。高校に入学し、走ると他を圧倒。初めて走ったマラソンで2012年ロンドン五輪出場資格を得る。まるで走ることが彼の運命だったかのように──。しかし、建国されたばかりの南スーダンには国内オリンピック委員会がなく、代表する国がなかった。出場が危ぶまれたが奇跡が起こる。国際オリンピック委員会(IOC)が“国のない男”といわれた彼の個人参加選手としての出場を認めたのだ。そして彼は、祖国南スーダンの人々の期待を背負い走り、完走する。不屈の精神で走り続けるグオルの人生に感動せずにはいられない感涙のドキュメンタリー。

ドキュメンタリー(88分) 2020年 アメリカ

監督 ビル・ギャラガー


ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!

https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

7/2(金)〜7/28(水)  ①13:30〜
 

 

  宮島から君へ

 

シアタードーナツのブログ

【「学生応援チケット」改め、『U22 + α応援チケット』に!】

【「学生応援チケット」改め、『U22 + α応援チケット』に!】 22歳以下、さらに22歳以上でも学生さんであ […]

『学生応援チケット』販売開始!

皆さんこんにちは〜 シアタードーナツ代表の宮島です! この度、『学生応援チケット〜一緒に未来を創造しよう〜』の […]

今夜(2/5)19時〜【SPトークライブ@シアタードーナツ】

【シアタードーナツSPトークライブ】 『フィルム・ツーリズムを語る』 https://youtu.be/f5X […]