街に映画館がなかったら…

大人になった気がした友達との映画鑑賞。

恋人との初めてのデート。

仕事を離れた自分だけの時間。

いくつになっても得られる新しい体験。

映画を観た後は街で食事を 

 

街の映画館は、幅広い世代のコミュニティの場。

ネットで事が済む、こんな時代だからこそ、

街に公民館的な映画館が必要と考えました。

 

それが、シアタードーナツ

シネコンでも、単館でもない、

第三の映画館。

コミュニティシアターです。

 

名人も共感したコミュニティシアターの取り組みとは!?

 

上映スケジュール

11月21日(日)〜12月16日(木)

1階シアター

10:50 食の安全を守る人々(103分)
13:00 終わりの見えない闘い(100分)
15:10 人生フルーツ(91分)

 

2階シアター

11:00 SNS 少女たちの10日間(104分)
13:10 東京クルド(103分)
15:20 なぜ君は総理大臣になれないのか(119分)


【鑑賞料金】

一般:1,320円
中高専大生:1,100円
小学生:700円
未就学児童は無料
(作品によって入場をお断りする場合があります)

毎週水曜日はサービスデイ☆
一般料金が1,100円に!

「終わりの見えない闘い
− 新型コロナウイルス感染症と保健所

【内容】
 本格的な冬の到来と歩調を併せるように新型コロナウイルスの感染が急増。命の選別や医療崩壊という言葉が毎日取り交わされ、医療機関のひっ迫が私たちの不安を大きくしています。そうした中でコロナ対応に追われる保健所もまた戦場さながらの状態になっています。しかし、保健所が新型コロナウイルス感染拡大防止にどのような役割を果たしているのか、その姿は目に触れることはなく、多くの人には知られていません。

 住民のいのちと健康を守る公衆衛生は国の骨幹でもある「命の安全保障」ともいえる重要な課題です。この映画は新型コロナウイルスが私たちの生活を一変させた2020年春から今日の第3波感染拡大までの約10か月間を公衆衛生の最前線である保健所にカメラを据え、コロナ感染拡大防止に当たる保健師や公衆衛生医、他の保健所職員たちの奮闘と葛藤、苦悩をドキュメンタリーで描く中で、保健所機能の役割と今日的課題を見ていきます。

公式HP:予告編
https://www.phh-movie.net/

【上映期間】

11/21(日)〜12/16(木) ①13:00~

 

  宮島から君へ

 

風と雑木林と建築家夫婦の物語

「人生フルーツ」

【内容】

1960年代、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自らが手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育て始めましたー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

【上映期間】

11/21(日)〜12/16(木) ①15:10~

 

  宮島から君へ

僕はこの作品を観て、シアタードーナツで上映する映画は県民全員に観て欲しいという意識を持ちました。

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

「食の安全を守る人々」

国内外で農と食の持続可能な未来図を模索する人々を取材し、メディアが伝えない食の裏側に迫ったドキュメンタリー。種子法廃止、種苗法改定、ラウンドアップ規制緩和、表記なしのゲノム編集食品流通への動きなど、TPPに端を発する急速なグローバル化により、日本の農と食はこれまで以上の危機にさらされている。元農林水産大臣で弁護士の山田正彦プロデュースのもと、長年にわたって農業をテーマにドキュメンタリー制作を続けてきた原村政樹監督が手がけた。日本国内のみならず、アメリカのモンサント裁判の原告や、子どものために国や企業と闘う女性、韓国の小学校で普及するオーガニック給食の現状など幅広く取材し、日本の食の幸せな未来図を描き出す。女優の杉本彩がナレーションを担当。

ドキュメンタリー(103分) 2021年 日本

監督・撮影・編集 原村 政樹

公式HP  https://kiroku-bito.com/shoku-anzen/

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

11/21(日)〜12/16(木) ①10:50~

 

  宮島から君へ

体内に入れる食べ物について警鐘!
体に良いものについて、健康について、様々なメディアが取り上げてる様ですが、実は根本的な議論を目の当たりにしてない。
利益追及の時代に終止符を!語るべきこと、行動するべきことが詰まってる映画。

「SNS 少女たちの10日間」

巨大な撮影スタジオに作られた3つの子ども部屋で、幼い顔立ちをした3名の女優(18歳以上)は偽のSNSアカウントで12歳のふりをするという任務を与えられた。各々の部屋のPCで、連絡をしてきたすべての年齢の男性とコミュニケーションを取った。当初のプロジェクトと同様、大多数の成人男性はビデオセックスを要求し、自身の性器の写真やポルノのリンクを送信してきた。なかには恐喝する者も。精神科医、性科学者、弁護士や警備員など専門家の万全なバックアップやアフターケアを用意しながら撮影を続けること10日間。児童への性的搾取者が徐々に尻尾を出し始めるのだった…。

2021年/104分/チェコ

公式HP  https://www.hark3.com/sns-10days/

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

11/21(日)〜12/16(木) ①11:00~

 

  宮島から君へ

 

「東京クルド」

故郷での迫害を逃れ、小学生のころに日本へやってきた オザン(18歳)とラマザン(19歳)
二人は難民申請を続けるトルコ国籍のクルド人。
入管の収容を一旦解除される「仮放免許可書」を持つものの、 許されているのは「ただ、いること」。
立場は非正規滞在者で、住民票もなく、 自由に移動することも、働くこともできない。
また社会の無理解によって教育の機会からも遠ざけられている。
いつ収容されるか分からないという不安を常に感じながら、 それでも夢を抱き、将来を思い描く。

2021年/103分/日本

公式HP  https://tokyokurds.jp/

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

11/21(日)〜12/16(木) ①13:10~

 

  宮島から君へ

 

「なぜ君は総理大臣になれないのか」

衆議院議員・小川淳也(当選5期)、49歳。
2019年の国会で統計不正を質し、SNSで「統計王子」「こんな政治家がいたのか」と注目を集めた。
彼と初めて出会ったのは、2003年10月10日、衆議院解散の日。
当時32歳、民主党から初出馬する小川にカメラを向けた。「国民のためという思いなら誰にも負けない自信がある」と真っすぐに語る無私な姿勢に惹かれ、事あるごとに撮影をするようになる。地盤・看板・カバンなしで始めた選挙戦。
2005年に初当選し、2009年に政権交代を果たすと「日本の政治は変わります。自分たちが変えます」と小川は目を輝かせた。
現在『news23』のキャスターを務める星浩や、安倍政権寄りと評される政治ジャーナリスト・田﨑史郎ら、リベラル・保守双方の論客から“見どころのある若手政治家”と期待されていた。しかし・・・

2020年/119分/日本

公式HP  http://www.nazekimi.com/

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

11/21(日)〜12/16(木) ①15:20~

 

  宮島から君へ

 

シアタードーナツのブログ

2021最新Tシャツ販売開始!

いよいよ8月に突入しましたね。お元気ですか〜? シアタードーナツは毎日、元気に営業中です。 さあ!お待たせしま […]

【「学生応援チケット」改め、『U22 + α応援チケット』に!】

【「学生応援チケット」改め、『U22 + α応援チケット』に!】 22歳以下、さらに22歳以上でも学生さんであ […]

『学生応援チケット』販売開始!

皆さんこんにちは〜 シアタードーナツ代表の宮島です! この度、『学生応援チケット〜一緒に未来を創造しよう〜』の […]