街に映画館がなかったら…

大人になった気がした友達との映画鑑賞。

恋人との初めてのデート。

仕事を離れた自分だけの時間。

いくつになっても得られる新しい体験。

映画を観た後は街で食事を 

 

街の映画館は、幅広い世代のコミュニティの場。

ネットで事が済む、こんな時代だからこそ、

街に公民館的な映画館が必要と考えました。

 

それが、シアタードーナツ

シネコンでも、単館でもない、

第三の映画館。

コミュニティシアターです。

 

名人も共感したコミュニティシアターの取り組みとは!?

 

上映スケジュール

5月12日(木)〜6月8日(水)

1階シアター

10:50 ブータン 山の教室
13:10 梅切らぬバカ
15:00 人生フルーツ

 

2階シアター

11:10 屋根の上に吹く風は
13:20 旅のはじまり
15:20 ザ・ニュー・ブリード


【鑑賞料金】

一般:1,320円
中高専大生:1,100円
小学生:700円
未就学児童は無料
(作品によって入場をお断りする場合があります)

毎週水曜日はサービスデイ☆
一般料金が1,100円に!

 

「ブータン 山の教室」

標高4,800メートルの地にあるブータン北部の村ルナナ。ブータン民謡が響きわたるこの村で暮らすのは、大自然とともにある日常に幸せを見つけ生きる大人たち。そして親の仕事の手伝いをしながらも、“学ぶこと”に純粋な好奇心を向ける子どもたちだ。人口わずか56人のルナナには、電気も携帯電話もない。『ブータン 山の教室』に登場するのは、実際にルナナで暮らす人々だ。ブータンの新鋭、パオ・チョニン・ドルジ監督は、人々の笑顔あふれる暮らしを圧倒的な映像美で映し出した。グローバル化が進み、世界の景色が単一化するいま、この作品は私たちに“本当の豊さとは何か”を教えてくれる。

2019年/110分/アメリカ

公式HP  https://bhutanclassroom.com/

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

5/12(木)〜6/8(水) ①10:50~

 

  宮島から君へ

 

風と雑木林と建築家夫婦の物語

「人生フルーツ」

【内容】

1960年代、自然との共生を目指したニュータウンを計画。しかし、経済優先の時代はそれを許さず、完成したのは理想とはほど遠い無機質な大規模団地。修一さんは、それまでの仕事から距離を置き、自らが手がけたニュータウンに土地を買い、家を建て、雑木林を育て始めましたー。あれから50年、ふたりはコツコツ、ゆっくりと時をためてきました。そして、90歳になった修一さんに新たな仕事の依頼がやってきます。

【上映期間】

5/12(木)〜6/8(水) ①15:00~

 

  宮島から君へ

僕はこの作品を観て、シアタードーナツで上映する映画は県民全員に観て欲しいという意識を持ちました。

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

「屋根の上に吹く風は」

授業も、テストも、クラスもない

鳥取県の山あいにある新田サドベリースクール
遊びだって生き方だって、自分で考え、自分で決める
子どもと大人の自由と葛藤の1年を追ったドキュメンタリー

山陰地域の自然豊かな森のなかに、生まれて間もない小さな小さな学び舎がありました。
子どもたちの主体性を最大限尊重し、すべてを自分たちで決め、生活のなかで学びを生み出すことを目標に運営されているデモクラティックスクール(民主主義の学校)。一見、型破りにも見える「自分たちなりの理想の学び場」を追い求め奔走する子どもと大人の姿から浮かび上がる「自由ってなんだろう?」「私たちの未来ってどんなだろう?」
——それは、私たちの未来につながる話でもありました。

2021年/108分/日本

公式HP  https://www.yane-ue.com/

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

5/12(木)〜6/8(水) ①11:10~

 

  宮島から君へ

自由ってなんだ?自由になったら楽だけど、自分で考えてやらないといけないことだらけ。でも独りじゃない。子ども達の自主性を尊重し、育む時間を大人達はどのように作るのかな?本作を観ながら、僕はシアタードーナツを立ち上げた時のことがフラッシュバックしたよ。そう、自由を謳歌するには、覚悟が必要だってこと。もちろん仲間とのコミュニケーション無くして形は作れないよね。気づきの多い鑑賞時間になるぞ。

「ザ・ニュー・ブリード」

『ザ・トゥルー・コスト』製作総指揮ヴィンセント・ヴィットリオ プロデュース作品

“私たちは社会課題を解決するアメリカ、ミレニアル世代の社会起業家”

貧困や環境破壊などの問題解決のために事業を行う
新時代の社会起業家たち挑戦を追ったドキュメンタリー!

貧困、不平等、そして環境破壊といった社会課題をビジネスの手法で解決しようとチャレンジしている社会起業家たちがいる。映画『ザ・ニュー・ブリード』は、アメリカで勢い盛んな社会起業家のたちを捉えたドキュメンタリーだ。この映画には3人の魅力的なミレニアル世代が、どのように事業を立ち上げたのかを描いている。

カリフォルニア州コスタメサを拠点とするアパレル企業、ノウンサプライの共同設立者であるコールは、ウガンダとペルーの女性たちに教育、指導、安定した収入を与えることで、貧困から抜け出す力を与えている。ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点とするボンフォークの創設者であるジャンナは、販売する靴下が1足売れるごとに必要としている人に靴下を1足寄付している。そして、カリフォルニア州ベンチュラにあるプラスチックリサイクル会社ブレオの共同設立者であるベン、デイヴィッド、ケビンは、チリ沖で廃棄された漁網を回収し、スケートボード、サーフボードのフィン、サングラスなどの機能的な新製品に生まれ変わらせている。社会起業は、ミレニアル世代にとって有力なキャリアの選択肢となっている。

映画には、コメディアン、ミュージシャン、学者が登場し、社会起業家ムーブメントを多角的な視点で浮き彫りにし、植民地主義、不平等、貧困の歴史などを、楽しげで分かりやすい方法で伝える。この映画自体が社会事業であり、映画の収益は世界中の恵まれない環境にある若い映画制作者の映画機材やトレーニングに使われる。

2020年/80分/アメリカ

公式HP  https://unitedpeople.jp/archives/3640

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

5/12(木)〜6/8(水) ①15:20~

 

  宮島から君へ

 

「梅切らぬバカ」

父親代わりの梅の木が運んでくれた“小さな奇跡”とは・・・

加賀まりこと塚地武雅が親子役で共演し、老いた母と自閉症の息子が地域コミュニティとの交流を通して自立の道を模索する姿を描いた人間ドラマ。山田珠子は古民家で占い業を営みながら、自閉症の息子・忠男と暮らしている。庭に生える梅の木は忠男にとって亡き父の象徴だが、その枝は私道にまで乗り出していた。隣家に越してきた里村茂は、通行の妨げになる梅の木と予測不能な行動をとる忠男を疎ましく思っていたが、里村の妻子は珠子と密かに交流を育んでいた。珠子は自分がいなくなった後のことを考え、知的障害者が共同生活を送るグループホームに息子を入れることに。しかし環境の変化に戸惑う忠男はホームを抜け出し、厄介な事件に巻き込まれてしまう。タイトルの「梅切らぬバカ」は、対象に適切な処置をしないことを戒めることわざ「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」に由来し、人間の教育においても桜のように自由に枝を伸ばしてあげることが必要な場合と、梅のように手をかけて育てることが必要な場合があることを意味している。加賀にとっては1967年の「濡れた逢びき」以来54年ぶりの映画主演作となった。

2021年/77分/日本

公式HP  https://happinet-phantom.com/umekiranubaka/

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

5/12(木)〜6/8(水) ①13:10~

 

  宮島から君へ

 

「旅のはじまり」

家庭環境にめぐまれなかった子供達が自立にむけて歩んでいく様子、それを支える大人たちを密着取材した本作。現代における家族の在り方・社会のあり方を見つめる。

虐待やネグレクト、非行などにより居場所を失った子どもたちの心に迫ったドキュメンタリー。虐待や家庭環境などで児童相談所を経由した15~20歳の青年たちが入所してくる自立支援ホームで彼らの心の傷を癒す支援員、さまざまな背景の子どもたちが入所する児童養護施設で子どもたちを見守る大人たち、施設での保護を望まずにオンラインの居場所に集まる子どもたち、少年院や少年刑務所に入った青年の面会から出所後の相談まで粘り強く非行少年の自立に取り組むNPOなど、さまざまな理由で居場所を失った子どもたちや、彼らを守ろうとする大人たちに密着した。監督は「single mom 優しい家族。 a sweet family」の松本和巳。

2022年/85分/日本

公式HP  https://tabihaji.net/

 

ポイントが貯まるお得な映画WEBチケットはこちら!
https://tsuku2.jp/theado-okinawa

 

通常上映期間

5/12(木)〜6/8(水) ①13:20~

 

  宮島から君へ

 

シアタードーナツのブログ

【シアド7周年大感謝♡記念企画】

【シアド7周年大感謝♡記念企画】 シアタードーナツ7周年を記念してスペシャルトークライブを今夜(4/18/夜8 […]

琉球新報Styleに掲載されました!

琉球新報ウェブ版でシアタードーナツの貸切上映について特集記事が出ました! ↓ https://ryukyush […]

2022年公開予定の長編映画「10ROOMS」クラウドファンディングについて

【シアタードーナツも応援します!】 映画『ココロ、オドル』を手掛けた岸本司監督の最新作! 2022年公開予定の […]